文書のルール

このページは、当司法書士事務所グループに、新しく就職した新人向けの説明を公開したものです。

理解し易くするため、細かい例外などを省いて説明しています。

皆様のご参考になれば幸いです。

 

「Ctrl」+「F」で[検索]できます。


裁判所提出文書のフォーマット

余白 上35 下30

左30 右20

文字数  12ポイント

37文字/行

26行/頁

所内ルール

通常文字は、12ポイント・MS明朝体

大きな見出しは、12ポイント・MSゴシック・太字

内容証明のフォーマット

文字数

20文字/行

26行/頁

所内ルール 12ポイントの文字サイズとする。

見出し符号

次の例による。

 

第1.

 1.

  ⑴

   ①【1】

    ア

     (ア)

       a

        (a)

 

【1】公用文に関する規程(昭和63年4月1日訓令第1号)では、①②は採用されていないが、民間では、分かりやすいので、よく使用される。

数字

原則 数字は、算用数字を用いる
例外

次の場合には、漢字を用いる。

ア 「二重原」、「廿日市二丁目」などのように固有名詞に用いる場合

イ 「二、三日」、「数十日」などのように概数を示す場合

ウ 「一般」、「一部分」、「四捨五入」などのように数量的な意味が薄くなつた語に用いる場合

エ 「100万」、「10億」などのように万以上の数の単位として用いる場合

オ 「一つずつ」、「二間続き」などのように「ひとつ」、「ふたつ」などと読む場合

例外

縦書きの場合には、「一」、「二」、「三」、「十」、「百」、「千」、「万」、「億」等の漢字を用いるものとする。

かっこ(公用文に関する規程第8条)

種類 呼称 一般的な用い方
( ) 括弧(かっこ)  
〔 〕 そでかっこ

括弧内で、さらに括弧を用いるときに用いる。

(  〔  〕  )

「 」 かぎかっこ

引用する語句

強調する語句

『 』 二重かぎかっこ

カギ括弧内で、さらにカギ括弧を用いるときに用いる。

「  『  』  」

接続詞

原則 接続詞全般

①平仮名で書く

②接続詞の後には、必ず読点(、)を打つ。

例外

及び

並びに

又は

若しくは

①漢字で書く

∵他の接続詞より重要だから

(平成22年内閣訓令第1号「公用文における漢字使用等について」)

②4つの接続詞の後には、読点(、)を付けない。

種類 一般的な用い方
及び

A及びB

A、B及びC

A、B、C及びD

並びに

ABとCが違う種類のとき▶(A及びB)並びにC

ABとCDが違う種類のとき▶(A及びB)並びに(C及びD)

ABとCとDが違う種類のとき▶((A及びB)並びにC)並びにD

※()は使わない

又は

A又はB

※「又は」が使用されない場面に「若しくは」だけが単独で使用されることはない。

若しくは

(A若しくはB)又はC

(A、B若しくはC)又は(C、D若しくはE)

※「又は」と「若しくは」は、「又は」の方が大きいくくりになる。

あるいは 契約書では使わない。

補助動詞

動詞 補助動詞
漢字で書く

平仮名で書く

お土産を頂きました。

参考にさせていただきました。

 

お願いいたします

司法書士に言う

司法書士という

お返事を下さい。

〇〇してくださいますようお願い・・・

か月、箇月

か月 前に算用数字が来るとき(=横書きのとき)に使う。
箇月  前に漢数字が来るとき(=縦書きのとき)に使う。例)官報 
ケ月 使わない
カ月 使わない