法律顧問契約のタイミングは?!


顧問契約が必要なのは分かったけれど、

「具体的にはいつ」お願いすれば良いの?

 

まずは、私たちに面談の機会をいただきたいと思います。

良いサービスだと思っていただいても、人間同士のことですので、この専門家とは合う・合わないというのがあろうかと思うからです。

弁護士への顧問依頼で多いタイミング


弁護士との顧問契約は、企業がトラブルに巻き込まれて、弁護士に民事訴訟などを依頼する際に、弁護士から「顧問契約を締結いただければ、着手金も成功報酬も安くなるし、訴訟以外の相談も出来るから是非」と言って締結するケースが多いようです。

 

弁護士さんと顧問契約を締結していた企業からも「引き受けてくれる弁護士をやっと見つけて、これから訴訟をお願いしようとしたときに、弁護士から『顧問契約も結んでいただければ・・・』と言われたら、断れないでしょう」というご意見を聞くことがあります。

 

そして、訴訟が終わって1~2年か、訴訟に勝った御礼のつもりで顧問契約を続けて、「そろそろ」と解約することもあるようです。 

司法書士への顧問依頼で多いタイミング


当グループに顧問を依頼されるタイミングで、訴訟契機だったものは一件もありません。

 

未収金回収や登記で長年お付き合いのある社長様から、顧問就任を依頼されるのが一番多く、

その次が、このホームページをよくご覧いただいた上で、依頼されるのがその次に多いです。

3番目がご紹介によるものです。

 

そして、会社解散業務などのスポットの顧問契約【1】以外では、未だ一件も顧問契約をキャンセルされたことはございません。

お役に立てていることの証拠であると、自負し、今後もこれを更新していきたいと考えています。

 

【1】終了時期が予定されている顧問契約のことです。

当グループが考えるベストな形


我田引水でもなんでもなく、次のように考えています。

大企業
  • 大手法律事務所・数社と顧問契約を締結なされば良い。

 

中小企業

零細企業

個人事業主

      

  • 日常業務を見守ってもらうのは、司法書士が良い。
  • 万一、訴訟になっても140万円以下の少額であれば顧問司法書士に頼めば良い。
  • 顧問司法書士が、これは弁護士に引き継ぐべきだと判断したときには、その分野に強い弁護士を紹介されれば、勝訴の見込みも上がる。

その理由は?!

人気の関連ページ

司法書士であれ、弁護士であれ、法律顧問は必要です。

司法書士顧問。その弁護士顧問との違い

従業員支援プログラム(EAP特約)も付加可能


私たちについて

いつでも、なんでも相談できる場所

 

 

企業から登記や訴訟をご依頼いただいたとき「司法書士ってそんなこともアドバイスしてくれるの?!」と驚かれることがあります。このような言葉をいただけるのも、私たちが「既存司法書士の枠組みに囚われず、常に研鑽を積んできた」ことの証であると考えています。

  

そんなお言葉を何度もいただいたり、

もう少し早くお越しいただきたかったご相談などを受けるうち

企業が困ったとき、どんな問題であっても、すぐ相談できる場所を作る必要がある」

「企業の多種多様なニーズを解決するため、日本一勉強し続ける

と、決意しました。

 私たちは、その想いを共有する司法書士が集まった司法書士事務所のグループです。

 

「簡単なご相談」から「とても難しい手続」まで

「いつでも、なんでも相談することができる場所」として、当グループをご活用ください。

 

わたしたちは、

「あなたのまちの司法書士事務所グループ」

わたしたちにお任せください。わたしたちがお役に立ちます。


専門家をお探しの方へ(個人様・企業様)

「お問い合わせ」から各事務所にお問い合わせください。



事業主様・企業様へ司法書士を法律顧問に

司法書士を法律顧問に迎える企業が増えています。

弁護士顧問との違い、従業員支援プログラムなど。



他士業の先生からのチョイ聴き無料♪

他士業の方からのチョットしたご相談の場合、報酬は請求いたしません。お気軽にお問合せください。



司法書士の方へ当グループについて

高い訴求力を誇るHPなど開業司法書士に対する様々な支援を行ないます。当グループへの参加をご検討ください。