家裁事件勉強会


司法書士であれば、どなたでも参加できる家裁事件の勉強会です。

10人程度で車座に座って、勉強しています。

もくじ
  1. 勉強会のスタイル
  2. 勉強会のルール
  3. 歴史と、今後の予定
  4. 参加方法

勉強会のスタイル


一人で勉強するのつまらんやん⁉️

一冊の本を読んでも、自分とは違う見解あるかも知れんやん⁉️

と、思われる司法書士の方は是非とも参加ください。

 

家庭裁判所に提出する書面の作成は、当然に司法書士業務ですが、登記同様、裁判所提出書類も実体法・手続法が理解できていないと危険です。

そして、司法書士試験では実体法は問われますが、家事手続は勉強しません。

 

車座スタイルです。

当勉強会は、一冊の指定書籍を、章ごとに担当割りをして各自学習・発表用に加工し

研究発表をするというスタイルです(お一人あたりの発表時間は5~10分です)

 

一人の発表が終了する度に、そのテーマについて質疑応答やディスカッションを行ないます。

毎回4~6人が発表します。

空き時間があるときには、実務で困っている案件を参加者に相談することも可能です。

 

ZOOM開催の場合には、単位はつきません。

開催日は毎月第一月曜日の18時~20時です。

1月と5月は休会です。 

 

入会金・参加料は不要です。

勉強会のルール


【ほぼ唯一のルール】

発表担当に当たったときは、欠席しないでください。

退会・休会も自由ですが、発表担当に当たっているときは、必ず連絡ください。

参加している先生方の時間を無駄にしてしまうからです。

勉強会の「歴史と予定」


平成21年1月

兵庫県司法書士会神戸支部・相談委員会が相談員のレベルアップを目的に

「家裁事件勉強会」の設立を提唱。役員会で承認・設立される。

 

「家事関係裁判例と実務245題(判例タイムズ1100号)」を指定書籍とする。

 

「Q&A遺言執行トラブル対応の実務/遺言・相続実務問題研究会/代表藤井伸介弁護士編」を指定書籍とする。

 

「審判では解決しがたい遺産分割の付随問題への対応/ー使途不明金・葬儀費用・祭祀承継ー遺産収益分配などー/遺言・相続実務問題研究会/代表藤井伸介弁護士編」を指定書籍とする。

令和元年10月

「Q&A改正相続法のポイント-改正経緯をふまえた実務の視点-/日弁連編集」を指定書籍とする。

令和2年3月

令和2年8月

新型コロナウィルスのため休会

令和2年9月 ZOOMにて勉強会を再開
令和3年4月 「実務家も迷う遺言相続の難事件・事例式解決への戦略的道しるべ/遺言・相続実務問題研究会編集/野口大弁護士・藤井伸介弁護士編集代表」を【死後事務】の指定書籍とする。
令和3年5月 休会(毎年1月・5月は休会です。)
令和3年7月

これまで勉強会では、「死後事務」を中心に進めてきましたが「生前対策・終活対策(信託含む)」も勉強したいという参加者の声がありました。そこで次の書籍を【生前対策】の書籍として指定します。

「相続の話をしよう/財経詳報社/税理士・公認会計士・弁護士関根稔著」

参加お申込方法


主催者の一人である佐藤大輔に電話(078-805-1965)、メール、Facebook、Messenger又はTwitterで参加したい旨をお知らせ下さい。いずれも本名アカウントです。

 

入会金・参加料は不要です。

 

宜しくお願いします。

人気の関連ページ