ある日突然弁護士から(トラブル解決TOP)

普通に生活していただけなのに…

ある日、突然、弁護士から通知を受けて驚く。

そんなご相談が増えています。


  • 今、あなたが住んでいるお家は、老朽化のために取壊します。立退料は〇〇円が相場です。この書類にサインください。
  • 従業員の弁護士から「不当解雇だ」「未払の残業代を支払え」との書面が届いた。
  • 聴いたこともない人が死んだので、「遺産分割協議書にサインしてください。」
  • 仕事で失敗したら・・・「全額補填せよ」と会社の弁護士に言われた。
  • 大昔の借金の請求が来た。

そんなとき…「何も悪いことしてないねんから、大丈夫やろ」と、安易に対応してしまう方がいます。

弁護士は、法律のプロ、安易な気持ちで対応するとエラいことに成りかねません。

弁護士から通知が来た。

そんなときは、すぐに当グループに、ご相談ください。

当グループの強み!


豊富な実務経験!

開業以来、ずっと親身に相談を受け続け、真摯に解決方法を模索してきました。その結果、蓄積されたノウハウがあります。



最新の法令・手続に精通!

司法書士会主催の研修では、満足しきれず、二つの勉強会(交通事故勉強会・家庭裁判所手続勉強会)を立ち上げました。

兵庫県司法書士会・交通事故部会・元部会長の事務所(あなまち司法書士事務所)です。

兵庫県司法書士会・神戸支部・家裁事件勉強会主催者の事務所(あなまち司法書士事務所・阿部司法書士事務所)です。



小さな案件にもシッカリ対応!

兵庫県司法書士会・少額裁判援助の利用実績は、兵庫県NO.1です。



分野ごと8人以上の弁護士とガッチリ提携!

一口に弁護士といっても、弁護士によって得意分野は異なります。世の中には、刑事事件・相続事件・離婚事件・不動産事件・交通事故・企業間トラブル・国際事件などなど弁護士が必要となる案件は数限りがありません。一人の弁護士が全ての分野でスペシャリストたり得ることは不可能なので、その点、当グループであれば、分野毎に8人以上の弁護士とはガッチリ提携しています。

そのため、当グループにご相談に見えて、弁護士が必要だと、判断した場合には、適切な弁護士をすぐにご紹介することが可能です。



『お気持ちに寄り添い・・・的確に!』

Q&A よくあるお問い合わせ

ご相談


Q.いつ相談したら良いですか?

どんな種類のご相談でも、出来るだけ早くにお越し戴きたいと考えています。出来るだけ早く相談して、安心を手に入れてください。


Q.「訴訟提起予告」という葉書を受け取りました。どうしたら良いですか?

差出人欄に「〇〇裁判所〇〇係」などと、さも公的機関に見えるような記載があったとしても、詐欺です。葉書に記載された電話番号には決して連絡しないようにお願いします。電話をすると貴方の個人情報を聞き出され、新たな詐欺被害のターゲットにされてしまいます。それでもご不安な場合には、当グループへご連絡ください(令和元年5月・あなまち司法書士事務所・司法書士佐藤大輔)。


Q.裁判所から「特別送達」とハンコを押した書類が届きました。中を見ても身に覚えがないのですが?

裁判所を使った詐欺の可能性もあります。無視すると、原告の訴えが認められてしまい、強制執行を受ける可能性が出てきます。

過去に成立した遺産分割協議に基づく所有権移転登記請求訴訟など正当な訴訟のこともあります。

裁判所から「特別送達」で「訴状」などを受け取ったときは当グループにご相談ください(令和元年5月・あなまち司法書士事務所・司法書士佐藤大輔)。

証拠


Q.契約書などがありません。どうしたら勝訴することが出来ますか?

まず、相手方との会話を録音します。録音していることを相手方に伝える必要はありません。その後で、合意書や念書を相手方に書かせると良いでしょう。相手方が合意書などを書くことを拒否した場合、録音データが唯一の証拠になります。


Q.契約書などがないので、相手方との会話を録音しようと思います。どんな点に注意して録音したら良いですか?

借用書など書面がない場合や、相手方が書面への署名を拒んでいる場合でも、録音があれば民事訴訟で大いに助かります。 一回しかチャンスのない録音をキッチリと行なうには、次の点に注意が必要です。

  1. 相手方の承諾ない隠し録音は有効か?
    有効です。承諾なく録音しても、民事訴訟では使用できます。
  2. 余りに録音された会話が長時間に及ぶと、ダメです。
    まず、録音された会話の一部を提出するのは、ダメですので、相手方が言い訳をしないよう出来るだけ短時間で、必要事項を会話し、録音します。 次に、録音された会話は、担当司法書士・弁護士が聞くことになります。担当の負担を軽減するためにも、短時間で必要事項を録音していただきたいです。 また、裁判所に提出する際には、全文を書き起こして反訳書として提出します。 長時間の会話を反訳するにはコストも掛かります。
  3. 録音すべき事項のシナリオ作成
    録音すべき内容は、民事訴訟の立証すべき事項にかかる大切な内容ですので、訴訟を依頼する司法書士・弁護士に確認してもらうべきです。 相手方が前回の会話で、承認したところまで、誘導する形のシナリオでも結構です。例「前回話したときには、〇〇って言ってたやんか」会話の日時も必要です。
  4. 予行演習の必要性
    シナリオ通りに話しをすることばかり気を遣って、普段とは違う話ぶりになって感づかれないよう注意が必要です。あくまでも普段通りに会話をすることが重要で、それが出来るようになるまで、練習が必要です。 また、予行演習には、マイクテストの意味合いもあります。録音機は相手方の目につかないところに置く必要がありますが、たとえば服の中に入れた場合、衣擦れ音が大きくて、会話の録音が出来ていないこともあります。
  5. 録音機
    当事務所では、SONYのICレコーダー(ICD-UX533)を愛用しています。録音出来ていなかったという事態を回避するため、スマートフォンの録音機能でも録音します。
  6. 録音を勘ぐられない状況設定
    一度、話しをしたからと言って、相手が全く同じ内容を話してくれるとは限りません。また、同じ話をしてもらうよう要請すると、録音を勘ぐられる可能性もあります。味方がいるなら、一緒に連れて行って、「直接、〇〇の前でも同じ話をしてくれるか?」などと会話に入るようにします。
  7. 録音場所
    どうしても仕方がない場合もありますが、こちらが相手方を威迫して話しをさせたと、後日言われないよう第三者の目がある喫茶店・レストランなどでの録音をオススメします。 もっとも周囲がウルサイと録音出来ませんので、この点での注意も必要です。
  8. 録音開始のタイミング
    相手の目の前で入れず、予め、ONにしてから相手と対面し、録音します。
  9. 相手方が小声のとき
    録音できない可能性があります。 「ごめん。最近ちょっと耳悪いねん。ハッキリ言うてくれるか」などと、相手方に大きな声での会話を要請します。
  10. 周囲の騒音がひどいとき
    録音できない可能性があります。 「ごめん。周りウルサイから、場所移そうか」などと、移動を促します。

請求できるもの


Q.お金を返して貰えません。利息を請求したいのですけど、可能ですか?

個人間のお金の貸し借りの場合には、利息は約束をしていないと請求できません。

商売人同士の貸し借りの場合には、年6%の利率による利息を請求できます。

もっとも個人間であっても、返済期限を定めている場合には、返済期限を過ぎれば、遅延損害金として年5%の利率を請求できます。

返済期限を定めていなかったときには、内容証明郵便で支払請求(催告)をすれば、遅延損害金を請求できます。

これをまとめると、次の表のようになります。

  民法 商法
法定利率 年5%(民404)

当事者の一方にとって商行為である場合

年6%(商法514)

利息(履行期限前)

原則:無利息

例外:利息支払い特約

①商人間の

②金銭消費貸借の場合

法定利率の請求が可能(商法513)

遅延損害金(履行期限後)

履行期限後、法定利率が当然発生

約定必要なし(民419)

履行期限後、当然発生

約定必要なし

(平成31年3月・あなまち司法書士事務所・司法書士佐藤大輔)

本人訴訟


Q.本人訴訟をするときに裁判官に言われたら、気をつけるべき一言ってありますか?

次のとおりです。

(平成29年5月・あなまち司法書士事務所・司法書士佐藤大輔)

 

具体的発言 意味・対応
「事実の主張が足りません」

要件事実を落としているので、このままでは敗訴しますよ

「〇〇の主張を補充してください」

法律構成が不十分なので、丁寧に準備書面で主張し直してください

「〇〇の事実は立証が足りません」

事実認定が出来ないので、このままでは敗訴しますよ

「他に主張はありますか」

現在の法律構成では敗訴しますよ

「弁護士・司法書士に依頼した方が良い」

このままだと敗訴しますよ。専門家に依頼すれば何とかなるかも

「それでは結審して、次回判決」

初回期日に、裁判官が原告に対してこう言ったときは、シンプルな事件で、かつ主張立証に不足がないので、原告が勝訴する

「和解期日を入れて良いですか」 簡単な事件だけれど、金額だけの交渉を司法委員(1人)を入れてやって良いですか?
「調停に付して良いですか」 ややこしい事件だから、調停委員(2人)を入れて調停で話し合ってもらえますか?

関連するページ