子供の身分

(嫡出否認の訴え・親子関係不存在確認)

民法733条1項は「女は、前婚の解消又は取消しの日から六箇月を経過した後でなければ、再婚をすることができない。」と定め、女性に再婚禁止期間を設けています。

この規定は、父が誰かという紛争の防止を未然に防ぐことにあると、解釈されています(最高裁平成7年12月5日判決)。


婚姻前後に、出産した子供の法律上の取扱は次のとおりです。

 

二重の推定

が及ぶ子

推定されない嫡出子 推定の及ばない嫡出子 推定される嫡出子 その他
 

嫡出推定重複

例)重婚・婚姻禁止期間中の婚姻

上図

懐胎不可能なとき

例)収監中、行方不明

上図  

訴え

父を定める訴え(民773)

親子関係不存在確認 嫡出否認の訴え(民775) 認知の訴え(民787)

提訴権者

子・母

前夫・後夫

利害関係人

相手方

前夫・後夫

子・母

  父・母
提訴期限 なし なし 父が出生を知って1年間

父生存中いつでも

父死後3年内

その他の子供に関する取扱業務は、下のリンクをご覧ください。

無国籍問題 養子縁組 養育費