法律婚と事実婚

子どもがいる相手との結婚・・・

親の再婚・・・

 

どのような法律関係が発生し、

どんなトラブルが起こりえるか

ご存知ですか?

 


遺言や死因贈与契約で予防を!

迎える側(前妻の子)も予防を! 

しっかり対策をしておかなければ、こんな筈ではなかったと後悔します!

 

当グループに全てお任せください!!

将来発生する問題点を予測整理して、家族・親族間のトラブル発生を予防します! 

入籍しない(法律婚をしない)場合のデメリット!


税金の配偶者控除を受けることができません(泣)



最期の治療方針に意見できないことも(泣)

病院によっては、相続権のない事実上の配偶者よりも、相続権のある子や兄弟の意見を尊重します。



最期を看取れないことも(泣)

パートナーが危篤となったとき…「ご親族以外は退席を」と言われれば、最後を看取ることができません



相続できません(泣)

事実上の配偶者には相続権がないからです。



遺言して貰っても・・・多額の相続税が(泣)

相続人でなくても、遺言さえして貰えれば、遺産を受け取ることが可能です。しかし、相続人ではありませんので、多額の相続税がかかることもありえます。


入籍(再婚)した場合のデメリット!


(前婚の)遺族年金の給付が停止します(泣)



再婚で無くなった遺族年金は、離婚しても再開されません(泣)