祭祀財産・祭祀承継者・祭祀費用


祭祀承継とは、先祖をお祀りする用具である祭祀財産の承継です。

 

民法でも、祭祀財産の承継は、一般の相続財産とは別に規定されています。


祭祀財産の特殊性


一般の相続財産 祭祀財産

民法第896条(相続の一般的効力)

相続人は、相続開始の時から、被相続人の財産に属した一切の権利義務を承継する。ただし、被相続人の一身に専属したものは、この限りでない。

 

 

民法第897条(祭祀に関する権利の承継)

1.系譜、祭具及び墳墓【1】の所有権は、前条の規定にかかわらず、慣習に従って祖先の祭祀を主宰すべき者が承継する。ただし、被相続人の指定に従って祖先の祭祀を主宰すべき者があるときは、その者が承継する。

2.前項本文の場合において慣習が明らかでないときは、同項の権利を承継すべき者は、家庭裁判所が定める。

経済的価値の承継

精神的な拠り所(よりどころ)の承継

相続開始時に相続人に帰属する。

 

相続開始時に祭祀承継者に帰属する。

祭祀承継者は相続人でなくても良い。

被相続人による指定は遺言などに限られる。

●被相続人が口頭で指定しても良い。

●一般の相続財産について相続放棄しても、祭祀承継可能。

●相続人の一人が祭祀承継しても、他の相続人はその者に対して、祭祀財産の経済的価値分を控除して遺産分割を求めることはできない。

●相続人の一人が祭祀承継しても、その者は、他の相続人に対して、祭祀費用を

【1】

「系譜」とは、家系図のことです。

「祭具」とは、仏壇、位牌、神棚のことです。

「墳墓」とは、お墓のことです。所有権に限らず、墓地使用権も含みます。

祭祀財産承継と遺産分割の関係


相続人の一人が祭祀承継した場合

 

✔ 祭祀承継者は、他の相続人に対して、

「祭祀承継費用をまず別枠で相続財産から自分がもらう」と主張できません。

 

✔ 祭祀承継者でない相続人は、祭祀承継者に対して、

「祭祀財産は高価だから、転売すれば相当な利益を得ることができるから、遺産分割では、祭祀承継者の取り分は祭祀財産の転売価格分を控除したものにすべき」と主張できません。

関連するページ