医療法人の理事の変更


医療法が改正されましたので、要点を次のとおりお知らせいたします。

当事務所グループ取引先・医療機関には個別に、ご連絡いたしましたが、ご注意ください。

理事変更に関係する医療法改正のポイント(平成28年9月1日施行)


権利義務役員が規定されたことで仮理事を選任する必要(負担)はなくなりましたが、

機関設計の自由度が無くなり、厳しくなりました。

  平成28年8月31日まで 平成28年9月1日以降
理事会 任意(定款で設置するか決定)  必須
役員の数 任意(定款で規定)

理事3人以上

監事1人以上

役員選任方法 任意(定款で選任方法を規定)

社団医療法人は社員総会

財団医療法人は評議員会

役員任期

2年。2年を経過すれば仮理事の選任が必要。

∵権利義務役員の規定がなかったため

2年。2年を経過すれば「権利義務役員」となる(仮理事選任不要)。
理事長選定 任意(定款で選任方法を決定) 必ず理事会で選定

(平成28年12月20日・あなまち司法書士事務所・司法書士染田直樹)

司法書士の報酬・費用


司法書士顧問契約を締結いただいている場合、割引きがございます。

業務の種類 司法書士の報酬 実費※1
  • 理事長変更登記申請書作成、登記申請
  • 議事録等作成
  • 法人登記事項証明取得(1通)
44,000円(税込) 2,000円ほど

人気の関連ページ

医療機関に関する法人登記(独自の論点)

全ての法人に共通

医療機関向け法務支援サービス