内部統制システム(コーポレートガバナンス)構築支援


企業経営を監督するための仕組みを「コーポレートガバナンス」と言います。

元々は、主に上場企業において企業不祥事を予防し、企業の利益を拡大するための仕組みでした。

現在では、中小企業においても、コーポレートガバナンスを徹底することで、企業経営の透明性を社内外(従業員・顧客・取引先・金融機関など)にアピールでき、良い評価を得ることができるとして導入する企業が増えています。

 

内部統制システム(コーポレートガバナンス)構築後の運営については、こちらの記事「株主総会・取締役会など運営支援」をご参照ください。

内部統制システム構築支援(コーポレートガバナンス)


人気の関連ページ