取引先企業などの信用チェック(決算書編)


わかる既存取引先や新規取引先は安全なのか、顧問先を訪問すると、相談される項目の一つです。

 

決算書から簡単に分かる安全性分析6つの指標をご紹介します。

 

 


安全性分析6つの指標


1.自己資本比率


事業活動を返済義務のない自己資本で行っているのか?

それとも、借金でおこなっているのか?

を示す重要な指標です。

 計算方法 計算結果 優劣
自己資本比率=純資産÷資産合計  50%以上 超優良
30%以上 優良
10%未満 危険
マイナス 倒産寸前

2.流動比率


1年間の短期的な安全性を示す指標です。

「1年内にお金に変わりそうなもの」である流動資産を、「1年内に返済義務のある」流動負債で割った比率です。

計算方法 計算結果 優劣
流動比率=流動資産÷流動負債  200%以上 超優良
120%以上 まあまあ
100%未満 危険

3.当座比率


1年間の短期的な安全性(負債返済の可否)を示す指標です。

流動比率よりも厳しく判定する場合に使います。

 計算方法 計算結果 優劣

当座比率=(現金預金+受取手形+売掛金+有価証券)÷流動負債

又は

当座比率=(流動資産ー棚卸資産)÷流動負債

100%以上 理想

4.固定比率


すぐにお金に換えられない固定資産を、

返済義務のある負債で買っているのか?

自己資本で持っているのか?

を示す指標です。

 計算方法 計算結果 優劣

固定比率=固定資産÷純資産

100%未満 理想

5.固定長期適合率


長期的な安全性(負債返済の可否)を示す指標です。

上の固定比率を緩和した指標です。

 計算方法 計算結果 優劣

固定長期適合率=固定資産÷(純資産+固定負債)

80%程度 平均的水準
100%超 危険

6.手許流動性


全く売上のない状態が、何か月続いても大丈夫かを示す指標です。

 計算方法 計算結果 優劣

手許流動性

=(C/Fの)現金及び現金同等物の期末残高÷月平均売上【1】

100~150%

(1~1.5か月分)

望ましい

【1】 月平均売上=(P/Lの)売上高÷12か月

 

(参考)「会計のプロがやっているA4一枚決算書速読術」日本実業出版社・公認会計士香川晋平著

その他の重要な指標


少なくともとも3期分の決算書を取り寄せ、分析します。

1.売上の著しい減少

売上の著しい減少が生じている場合、その理由も確認する必要があります。

重要顧客喪失、法改正による事業の制約などの場合には、危険です。

2.継続する経常損失

損益計算書の「経常利益」欄にマイナスや▲がついている場合は、経常損失が出ています。

3期連続の経常損失は、要注意です。

3.継続する営業活動キャッシュフローのマイナス

3期連続の営業活動キャッシュフローのマイナスは、要注意です。

種類

具体例

営業活動によるキャッシュフロー

売上収入

仕入支出

給与支出

投資活動によるキャッシュフロー 

固定資産・有価証券の売却収入 

固定資産・有価証券の購入支出

財務活動によるキャッシュフロー

株式発行による収入

借入金による収入

借入金返済による支出

配当支払による支出

4.債務超過

債務超過とは、会社が持っている資産(BSの左)よりも、将来返済義務のある負債(BSの右上)の方が大きい(=純資産の金額〔BSの右下〕がマイナス)状態です。

危険な兆候です。

軽傷

重傷

【損失】とは、利益剰余金がマイナスのこと。

【欠損】とは、分配可能額がマイナスで、資本金や準備金に食い込んでいること。

【債務超過】とは、その食い込みが激しく、資産よりも負債が大きいこと。

関連するページ