スタートアップの資本政策(ファイナンス)


スタートアップ(ベンチャー企業)は、革新的な商品・サービスを広く世に問うことにより、急激に大きくなることを目標としています。企業を大きくするためには、適切なタイミングで研究開発、商品の製造や広告宣伝を行う必要があります。そして、これら全てには資金が必要です。

適切なタイミングで、適切に株式譲渡、増資や組織再編等を行って、資金調達することを「資本政策」といいます。株式譲渡、増資、組織再編を行うと持株比率が変動します。この持株比率を適正に保つことを含めて「資本政策」ということもあります。

このコラムではスタートアップの資本政策の総論についてご紹介します。

もくじ
  1. 借入と投資(デットとエクイティ)の違い
  2. 投資家はベンチャーに冷たいか?!
    1. 投資の歴史と、投資行動の変化(投資家の進化)
    2. 投資家はベンチャーに冷たいか?!
  3. ステージごとの資本政策
  4. 投資家の種類
    1. エンジェル、VC、CVC
    2. インキュベーターとアクセラレーター
  5. 参考文献
  6. 人気の関連ページ

借入(デットファイナンス)と投資(エクイティファイナンス)の違い


(ベンチャー)企業が、(社長や創業株主以外の)外部から資金を調達する方法は次の二つです。

  1. 一般的な企業が行う銀行からの借り入れ
  2. ベンチャー企業が行う投資家からの投資受け入れ

 

「借入と投資では何が違うのか」をまとめると次表のとおりです。

 

借入

デット

投資

エクイティ

性質

返済が必要。

借入時の約束どおりの返済をすればよい。

返済は不要。

株式上場や上場企業へ売却によって投資家を儲けさせる必要がある。

行動

銀行は(返済が遅れれば)債権者として意見を言う。

投資家は、株主として意見を言う。

成功のノウハウを教えてくれる投資家もいる。

資金の計上先 負債の部 資本の部

投資家はベンチャーに冷たいか?!


投資の歴史と、投資行動の変化(投資家の進化)

ベンチャーへの投資は、リーマンショックを乗り越え、法改正にも後押しされ進化しています。

2000

ネットバブル

  • 投資の方法:海のものか山のものか分からぬビジネスに、いきなり数億円を投資する。
  • 後のリーマンショックで痛い目をみることになる【1】。
2001

商法改正

  • 額面株式廃止(無額面株式に統一)
  • 「1株の発行価額5万円以上」制限撤廃

2006

(H18)

商法を大幅に変更した会社法施行

  • 株券不発行が原則になる。
  • 最低資本金制度撤廃
2008  リーマンショック 
 

デフレ、就職難、倒産というニュースばかり

ベンチャーへの投資額は落ち込み

ベンチャーキャピタルは次々活動停止

2012 1億円以上の投資は年数件
2013

1億円以上の投資は50件を超え

10億円以上の投資も十数件

2014 毎日のようにベンチャー向けイベント
 

投資の「質」も向上

  • シードに投資するエンジェルや支援するインキュベーター・アクセラレーターの増加
  • 投資の方法:仮説→少額の投資→実証→確認→アクセル全開で投資
2021

(2021上半期)

スタートアップ全体の合計資金調達額は3,835億円、841社。

調達金額の中央値は1億5000万円、平均値は5億7999万円。

直近3年で継続的な上昇傾向【2】

【1】逆に「不況時こそ起業のチャンス」です。理由は次の3つです。

  1. 不況時に(不況でも成功できるか否か)じっくり考えて商売を始めたほうが成功率が上がる。
  2. 不況時はライバルが少ない。
  3. 景気が好転したときには優位なポジションに居られる。

【2】出典:2021年上半期国内スタートアップ投資動向レポート/STARTUP DB/最終アクセス220921

投資家はベンチャーに冷たいか?!

× 日本は起業家に資金供給する風土が存在しない〔は嘘〕

× 日本には投資家がいない〔は嘘〕

× 自社には縁がない〔は嘘〕

  • ベンチャーが投資家に大挙して押し寄せても困ります。ですから「私は投資家です」と宣伝する投資家はいません。
  • イケてるベンチャーにはイケてるルートを通じてイケてる投資家が(こっそりと)紹介されています。

投資家は、ベンチャーに冷たいということはありません!!

ということを分かっていただいた所で、投資を受け入れる勉強を進めましょう。

ステージごとの資本政策


「資本政策」とは、上手に投資を受け入れるための政策です。1回の投資を受け入れだけで上場まで辿り着けることは、まずありません。したがって、投資を受け入れるに際しては、点で考えるのではなく、線で考える必要があります。

 

ステージの名称、調達先、投資ラウンドの名称、ファインナンススキーム等を一覧表であらわすと次のとおりです。

時期

    会社設立前

会社設立直後

~2.3年

  上場直前  上場

ステージ

の名称

    シード

アーリー

(スタートアップ)

ミドル

(グロース)

(エキスパンション)

レイター  

会社の状態

 
  • 創業前後のアイデア段階
  • ビジネスを構想
  • 製品プロトタイプ製作
  • 製品や販売方法未定
  • ビジネス大枠確定(スモールかベンチャーか選択)
  • 製品プロトタイプ完成
  • 販売開始・ビジネス開始
  • 収益増加
  • 株式上場時期決定
  • 部門ごと管理担当者が必要
  • 収益安定化
 

資金需要

 
  • 開発体制を構築するための人材確保
  • 製品プロトタイプ開発
  • 広告費・人件費・家賃
  • 広告費・人件費・家賃
  • 広告費・人件費・家賃
  • 監査費用
 
調達額  

数百万~

数千万円

数千万~

数億円

数千万~

十数億円

十数億円~

数十億円

数十億円  
調達先   エンジェル VC VC VC VC  市場
投資ラウンド名称  

エンジェル

ラウンド

(プレシード)

シード

シリーズA

【1】

シリーズB

【2】

シリーズC~

【3】

 

ファイナンス

スキーム

  ストックオプション J-KISS A種優先株式 B種優先株式 C種優先株式  

投資家以外の主な関係者

 
  • インキュベーター
  • 司法書士
  • 税理士
  • 弁理士
  • 司法書士
  • 税理士
  • アクセラレーター
  • 司法書士
  • 税理士
  • 司法書士
  • 税理士
  • 主幹事証券会社
  • 監査法人
 

【1】シリーズA,B,C~の名称は、その時期に資金調達のために発行する種類株式がそれぞれA種類株式、B種類株式...となるためです。

投資家の種類


エンジェル、VC、CVC

なんちゃってエンジェル等に騙されないように、注意する必要があります。

  エンジェル ベンチャーキャピタル(VC) CVC
概要 

主にベンチャー企業経営経験者など個人投資家

投資家から集めた資金をベンチャーに投資する会社【1】

大手事業会社が自社で組成したVC。
投資目的

エンジェル自身が味わった上場経験を後輩に伝えたい。

ベンチャーの上場による株式売却益。 

ベンチャーの上場による株式売却益。 本業とのシナジー効果。
投資時期 エンジェルラウンド(プレシード)~シード シード以降  
投資金額 数百~数千万円 数千~数億円  
投資家のライセンス 自分の資金をベンチャーに投資するだけなので特に保有する必要があない。 第三者の資金を預かって投信運用するため金融商品取引法の許可が必要。  

【1】ベンチャーキャピタルにも種類があります。主なVCは次のとおり。

  1. 金融機関系VC
  2. 政府系VC
  3. 独立系VC
  4. 大学系VC
  5. コーポレート系VC(CVC)

インキュベーターとアクセラレータ

   インキュベーター アクセラレーター 
概要

起業直後~シード以前のビジネスモデルや会社を構築することを目的とし、革新的なアイデアを「生み出す」(インキュベート)ことに焦点をあて、資金援助やノウハウ等でサポートする。

VC、行政、大学、民間、NPO法人等によって運営されている。

シード段階を過ぎた企業の成長を「加速する」(アクセラレート)ことに焦点を当て、資金投資やノウハウ等でサポートする。
企業選定 インキュベーターの交流した企業から選ばれることが多い。 公募から始まるが、トップレベルのプログラムは選考が非常に厳しい。 
期間 数年から期限なしの長期間 期間があらかじめ設定されており、個々の企業が数週間から数か月の短期間でメンターのグループと協力し、自分たちのビジネスを構築して、そのプロセスで生じる問題に対処する。 
参加企業メリット

参加企業はオフィスや設備の提供を受けたり、経営(マーケティング、資金調達、リクルート等)のアドバイスを受けることができる。

数百万円の少額の投資を行うこともある。

参加企業は、少しの株式と引き替えに、少額の投資と、大規模なメンターネットワークへのアクセスを与えられる。

メンターネットワークは、様々な企業の幹部や投資家から構成されており、多くの場合、有望な会社にとって最も価値がある。

参考文献


次のような書籍を参考にしました。

  • 磯崎哲也/起業のファイナンス(増補改訂版)/日本実業出版社/2015