会社設立の際の出資金の入金方法、通帳コピーの作成方法(出資払込証明)


会社設立登記手続は、打ち合せ完了後は、ほとんど司法書士が単独で進めることができます。

ほぼ唯一ご本人がやっていただく必要がある手続があります。

それが出資の履行(通帳への出資金の入金又は振込)です。

 

そして、残念ながら失敗されることが多いです。

ご注意いただくべき点をまとめました。

  1. 出資に関するご注意事項
  2. コピーの方法(通帳がある場合)
  3. 通帳がない口座の場合

出資に関するご注意事項


入金時期

  1. 定款作成日以降の日付(同じ日でも可)で入金が必要
  2. 司法書士から「〇日~〇日の間に入金してください」とお知らせします。

金融機関の種類

  1. ゆうちょ銀行は、不可です。
  2. ネットバンクも利用可能です。

口座名義人

  1. 登記が完了するまで会社名義の口座を作ることはできませんので、発起人の個人口座に入金します。
  2. 営利性のある口座はダメです。EX『佐藤商店こと佐藤大輔』はダメです。
  3. 出資しない(発起人でない)代表取締役の口座に入金はダメです。別途発起人から代表取締役への委任状が必要。
  4. 発起人が2人以上の場合、それぞれの口座に入れてもOKです。
  5. 合同会社の設立の場合、社員口座であればOKです。業務執行社員や代表社員口座である必要ありません。

入金方法

  1. 単に、口座に残高があるというだけではダメです。∵入金や振込みという出資行為が必要です。
  2. 振込みではなく、入金でOKです。
  3. 誰が入金したか不明でもOKです。
  4. 振込みの場合には、出資者以外が表示されるとダメです。
  5. 入金前に口座残高をゼロにする必要はありません。
  6. 当座貸越、当貸実行(定期預金を担保にして当座資金を借りる)ではダメです。

入金金額

  1. 入金金額が出資額を超えていても大丈夫です。EX『100万円出資すると定款で決まっている人が、200万円入金した』はOK
  2. 2人以上の発起人の場合には、二人の出資額合計をまとめて入金してはいけません。EX100万円ずつ二人が出資する場合、まとめて200万円入金は不可。100万円入金を二回行います。

ネットバンクの場合の注意点

  1. ご自宅で印刷して、司法書士に提出いただくページには、次の事項がすべて記載されている必要があります。①銀行名・支店名、②口座番号、③口座種類(普通)、④口座名義人、⑤入金日、⑥入金金額
  2. ネットバンクの場合、一日の振込限度額にも注意してください。

コピーの方法(通帳がある場合)


【コピーが必要なページ】

コピーが必要なのは次のページです。

  1. 表紙(表・裏)
  2. 表紙を開いたページ(銀行・支店名・口座番号・口座名義人などが印刷されたページ)
  3. 出資金が入金されたページ

【コピーの方法】

コピーの注意点は、次のとおりです。

  1. A4用紙にコピーしてください。
  2. 用紙の真ん中にコピーしてください(特に左はホチキスと印鑑を押しますので余白が必要)
  3. カラーコピーでなく、白黒コピーで結構です(以下の見本は分かりやすくするためカラー)。
会社設立の通帳コピー(表紙)
会社設立の通帳コピー(表紙)
会社設立の通帳コピー(見開き)
会社設立の通帳コピー(見開き)
会社設立の通帳コピー(入金されたページ)
会社設立の通帳コピー(入金されたページ)

通帳がない口座の場合


ネットバンクも利用可能です。

ご自宅で印刷して、司法書士に提出いただくか

スクリーンショットを撮って、司法書士にメール添付にてご提出ください。

 

※ネットバンクでお振込みされる場合、一日の振込限度額にも注意してください。

【必要なページ】

必要なのは次の情報が全て記載されたページです。

  1. 銀行名
  2. 支店名
  3. 口座種類(普通)
  4. 口座番号
  5. 口座名義人
  6. 出資金の入金日・入金金額

【プリントアウトの方法】

プリントアウトする場合の注意点は、次のとおりです。

  1. A4用紙にプリントしてください。
  2. 白黒プリントで結構です。
会社設立のネットバンク通帳(プリントアウトのイメージ)
会社設立のネットバンク通帳(プリントアウトのイメージ)

関連するページ