不動産取引当日(最終決済日当日)に欠席するデメリット~不動産業界に詳しい司法書士が説明します。


不動産には収益物件(投資用物件)と居住用物件があります。

取引に参加する立場としては、売主様・買主様があります。

よって、物件ごと立場ごとに、デメリットを整理すると次表のようになります。

  売主 買主
収益物件(人に貸して賃料収入を得る目的、転売して転売益を得る目的)
居住用物件(ご自身が居住する目的)

❶❷❸❹の順にご説明していきます。

❶収益物件の売主様が欠席するデメリット


仲介会社に迷惑をかける。

欠席すると、最終取引日前後に行なう仲介会社の作業が大幅に増えます。仲介会社に迷惑を掛けることになります。

良い物件を優先して紹介してくれる可能性が下がる。

欠席すると、最終取引日前後に行なう仲介会社の作業が大幅に増えます。仲介会社に迷惑を掛けることになります。迷惑を掛けると、面倒な客となってしまいます。

仲介会社も多数の顧客(投資家)を抱えております。あなたが余程良い条件【1】を持っていないと、良い物件を紹介してもらえなくなります。


【1】良い条件の例

どんな物件でも、すぐに買ってくれる。

融資不要なくらいキャッシュを沢山持っている。

仲介手数料を値切らないのは、当たり前のことです。

司法書士に事前押印費用を請求されることもある。

取引をする際には、司法書士は当事者と面談する必要があります。

欠席される場合には、司法書士が余分に足を運ぶことになりますので、日当などを請求されることもあります。一般的には1~3万円程度です。

代理人を選ぶ必要が生じる。

不動産取引において司法書士も代理人になりますが、これは登記申請に関する代理です。

欠席なさる場合には、事実行為の代理(問題発生時の対応、売買代金の受領、領収書の発行など)をお願いする代理人を選ぶ必要があります。

親族(奥様やご主人様)であれば良いのですが、他人の場合には、余程信頼できる人を選任する必要があります。

代理人に売買代金を持ち逃げされる可能性もある。

事実行為を代理人に依頼した場合には、代理人に売買代金を持ち逃げされる可能性もあります。

代理人が自社の社員であってもご注意が必要です。

❷収益物件の買主様が欠席するデメリット


仲介会社に迷惑をかける。

欠席すると、最終取引日前後に行なう仲介会社の作業が大幅に増えます。仲介会社に迷惑を掛けることになります。

良い物件を優先して紹介してくれる可能性が下がる。

欠席すると、最終取引日前後に行なう仲介会社の作業が大幅に増えます。仲介会社に迷惑を掛けることになります。迷惑を掛けると、面倒な客となってしまいます。

仲介会社も多数の顧客(投資家)を抱えております。

あなたが余程良い条件【1】を持っていないと、良い物件を紹介してもらえなくなります。

【1】良い条件の例

どんな物件でも、すぐに買ってくれる。

融資不要なくらいキャッシュを沢山持っている。

仲介手数料を値切らないのは、当たり前です。

司法書士に事前押印費用を請求されることもある。

取引をする際には、司法書士は当事者と面談する必要があります。

欠席される場合には、司法書士が余分に足を運ぶことになりますので、日当などを請求されることもあります。一般的には1~3万円程度です。

代理人を選ぶ必要が生じる。

不動産取引において司法書士も代理人になりますが、これは登記申請に関する代理です。

欠席なさる場合には、事実行為の代理(問題発生時の対応、売買代金の支払い、領収書の受領など)をお願いする代理人を選ぶ必要があります。

親族(奥様やご主人様)であれば良いのですが、他人の場合には、余程信頼できる人を選任する必要があります。

売主様から物件に関する申し送りを直接聞けないことになる。

不動産には、重説に書くほどのことでもないけれど、注意した方が良いちょっとした事項がございます。取引場所で対面すると、売主さんがついでに言っておこうと言ってくれることもあります。

後日どんな人から買ったのか分からなくて不安になることもある。

❸居住用物件の売主様が欠席するデメリット


司法書士に事前押印費用を請求されることもある。

取引をする際には、司法書士は当事者と面談する必要があります。

欠席される場合には、司法書士が余分に足を運ぶことになりますので、日当などを請求されることもあります。一般的には1~3万円程度です。

代理人を選ぶ必要が生じる。

不動産取引において司法書士も代理人になりますが、これは登記申請に関する代理です。

欠席なさる場合には、事実行為の代理(問題発生時の対応、売買代金の受領、領収書の発行など)をお願いする代理人を選ぶ必要があります。

親族(奥様やご主人様)であれば良いのですが、他人の場合には、余程信頼できる人を選任する必要があります。

代理人に売買代金を持ち逃げされる可能性もある。

事実行為を代理人に依頼した場合には、代理人に売買代金を持ち逃げされる可能性もあります。

代理人が自社の社員であってもご注意が必要です。

❹居住用物件の買主様が欠席するデメリット


司法書士に事前押印費用を請求されることもある。

取引をする際には、司法書士は当事者と面談する必要があります。

欠席される場合には、司法書士が余分に足を運ぶことになりますので、日当などを請求されることもあります。一般的には1~3万円程度です。

代理人を選ぶ必要が生じる。

不動産取引において司法書士も代理人になりますが、これは登記申請に関する代理です。

欠席なさる場合には、事実行為の代理(問題発生時の対応、売買代金の支払い、領収書の受領など)をお願いする代理人を選ぶ必要があります。

親族(奥様やご主人様)であれば良いのですが、他人の場合には、余程信頼できる人を選任する必要があります。

売主様から物件に関する申し送りを直接聞けないことになる。

不動産には、重説に書くほどのことでもないけれど、注意した方が良いちょっとした事項がございます。取引場所で対面すると、売主さんがついでに言っておこうと言ってくれることもあります。

後日どんな人から買ったのか分からなくて不安になることもある。

結論


如何でしょうか?

不動産取引には、必ず出席する必要があると、納得いただけたでしょうか?

 

また、取引日直前に欠席の連絡をすると、取引自体できなくなることもありますので、ご注意ください。