相続・遺産整理など死後手続TOP

~あなたのまちの司法書士事務所グループ~


あなたのまちの司法書士事務所グループ「神戸市内6拠点・兵庫県内8拠点」は、

神戸市内に最初の事務所を設けて15年、色々な相続をサポートしてきました。

 

円満に相続できたもの。

相続争いになり、双方疲れ切ったもの。

争いになった理由も様々。

知らなかった相続人が出てきたもの。

一方が多すぎる相続分を主張したために調停になったもの・・・

最近では、財産の多い少ないを問わず、相続争いになることも多くなってきました。

 

相続争いを防止するには・・・まず、生前すべきことを適切に行うこと。生前対策の費用は、死後争いになった場合の費用と比べて、はるかに低額だからです。

そして、生前対策が十分に出来ていないときは、相続開始後、直ちに適切な専門家を頼ること。それが相続をこじれさせないコツです。

 

あなたのまちの司法書士事務所グループには・・・

多種多様な相続を徹底的にサポートしてきたからこそ出来るご提案があります!

死後できること・すべきこと【死後手続】


相続・遺産整理の手続は、多種多様です。

まず、あなたの相続で、どのような手続が必要か、全てご説明します。

その中から、

全て丸投げで依頼したいのか、一部の手続だけ依頼したいのか、ご指示ください。

「あなたのまちの司法書士事務所グループ」は、どのようなニーズにも対応可能です。

場  面 サポート内容
●ご家族が亡くなった
●遺言書が見つかった
●相続人中に未成年者がいる
  • 特別代理人選任
●相続人中に行方不明者がいる

●相続に巻き込まれたくない

●亡くなった方には借金がある

●相続でもめている

●自分だけ相続するものがない

●財産や借金はあるのに相続人がいない

  • 相続財産管理人選任

●相続人ではないが遺産を分けて欲しい

  • 特別縁故者

お客様の声


★会ったこともないご主人の兄弟との分割協議(神戸市、M・O様)

遺産相続のことで、お願いしました。会ったこともない夫の兄弟と、どういう風に話しを進めたら良いか分からず、訳の分からないことが多かったのですが。どうしたら良いかを親切にわかりやすく適切にしていただいたので、大変助かりました。また、何かあったらお願いしたいと、思います。本当にありがとうございました。

★遺産整理業務(神戸市、M・M様)

初めての相談で、どこで何を聞いて良いのかわからず不安でしたが、すぐに動いてくださり、説明もていねいにして頂いたので、とても満足しています。何かあれば また、相談したいと思います。

Q.相続発生!どの専門家に依頼するべき?


銀行、税理士、弁護士、行政書士、そして司法書士・・・色々な業種が相続手続を代行することをうたっています。

どこに依頼するのが、正解でしょうか?!

  デメリット   当グループに依頼した場合
銀行 手数料が超高額!銀行預金の名義変更でも預金額の数%を取られます。専門家費用も別途必要です。銀行でないと出来ない業務はありません。銀行に依頼するメリットは一切ありません。 銀行預金の名義変更も、定額制! 安心
税理士

相続税が発生しなければ、別の専門家を探す必要があります。

※相続税を扱わない・扱ったことのない税理士もおりますので、ご注意下さい。

相続税が発生しなければ、当グループで全て対応可能です。相続税が発生しても、相続税専門の税理士を紹介できます。 安心
弁護士

揉めていなくても、遺産総額に応じた報酬請求されることもあります。

※相続紛争を扱わない・扱ったことのない弁護士もおりますので、ご注意下さい。

遺産分割調停申立書作成なども安心の定額制。揉めないための方法もお伝えできます。揉めてしまっても、遺産分割調停申立書作成・期日同行を通じ、あなたを徹底的に支援します。また相続紛争が得意な弁護士も紹介できます。 安心
行政書士

行政書士は登記をすることができません。相続登記は、司法書士を探す必要あり。行政書士でないと出来ない業務はありません。

当グループにご依頼いただいた場合、行政書士への依頼は不要です。 安心

普通の

司法書士

相続登記のみ。預貯金の名義変更手続はご自身でする必要があります。紛争に発展したときは、弁護士を探す必要があります。 当グループでは、預貯金の名義変更、遺産分割調停申立書作成・期日同行支援などを通じて、徹底的に支援します。 安心

A.相続発生!

もしものときは、全てあなたのまちの司法書士事務所グループにお任せください!

司法書士の費用・報酬


【司法書士費用に関する誤解】

役所に相続登記の相談に行ったら、「司法書士に依頼したら、50万円~80万円かかる」と言われたので、自分でしようとする。

 

それは・・・大きな間違いです!

 

司法書士の費用は、司法書士が頂戴する報酬の部分と、登録免許税などの実費の部分があります。

登録免許税は、ご自身で登記されても必要な費用です。

相続登記だけを依頼する場合には、一般的な司法書士であれば、15万円程度が相場です。

 

ご自身で手続をしようとすると、必要のない書類を取得してしまったり、調べものをしたりといった余計な手間がかかります。ときには、戸籍謄本に記載の間違いがあって修正してもらう必要があることもあります。

一方、司法書士にご依頼されると、余計な費用を支払わず、余計なストレスもなく手続をすることが可能です。

 

《司法書士に依頼いただいた場合の例=①親子間相続で、②戸籍収集と相続登記をご依頼》

業務の種類 司法書士の報酬・手数料 実費

戸籍収集(親子間のご相続の場合)

10,000円(税別)~ 3,000円~
相続関係説明図作成 30,000円(税別)~ 0円
不動産関係(登記簿・評価証明書・近隣地等)調査書類取得 1,000円(税別)/通 400円~/通
遺産分割協議書の作成 20,000円(税別)~ 0円
所有権移転登記(不動産1筆) 20,000円(税別)~ 固定資産税評価額の1000分の4
名義変更完了後の登記事項証明書取得 1,000円(税別)/通 700円/通
合計【親子間相続の場合】 100,000円(税別)~ 50,000円~

関連するページ