失踪宣告申立

失踪宣告って?!


相続・遺産整理の手続は、相続人・遺産を確定する作業から始まり、遺産分割協議を経て、遺産の種類ごとに面倒な名義書換が必要です。

 

仕事が忙しいから「全部やって欲しい」

高齢だから「全部やって欲しい」

遺産が遠方だから「全部やって欲しい」

地元になかなか帰られないから「全部やって欲しい」

相続人同士面識がないから「全部やって欲しい」

「全部やって欲しい」というニーズにも対応します。


『あなたのまちの司法書士事務所グループ』では、豊富な知識と経験を有する司法書士が、お忙しく不慣れなご遺族のために、複雑な相続・遺産整理の手続を全部代行いたします。

何をどうすれば良いか?・・・わからないとき!

当事務所に丸投げしてください!

当事務所が財産や問題点を整理して、解決策をご提示します!

わたしたちの強み!


次のような方は、全て当事務所グループでお手伝いすることが可能です。

独自のノウハウ(方法・スキーム)を構築しており、特にお役に立てます。

失踪宣告の流れ


1.相続開始

財産や借金をお持ちの方が亡くなると、相続が開始します(民法882条)。 詳しく

☛ 可能なら、ご本人がお亡くなりになるまでに、遺言や財産の有無や所在を確認すべきです。

標準処理期間


司法書士の報酬・費用


Q&A よくあるお問い合わせ


Q.亡父が信託銀行に遺言信託・遺産承継業務を依頼していたようですが、手数料が高額過ぎるので、解約したいのですが?

まず、遺産承継業務は、様々な書類の収集から、名義変更手続まで、複数の複雑な手続を進める必要があります。よって、信託銀行を解約したのちに、確実に引受けてくれる専門家をまず、探しましょう。当グループでも当然、お取り扱いしております。 次に相続人から信託銀行に、「遺言執行者就職辞退依頼」を提出します。

(平成29年2月・あなまち司法書士事務所・司法書士佐藤大輔)


関連するページ