司法書士費用の種類(用語解説)

司法書士にお支払いただく費用の種類

 種類 ご説明
相談料 法律相談に応じた際にいただきます。当事務所では、30分で5,000円(税別)です。法テラスの法律相談援助が適合するケースや、交通事故に関する相談で法律相談費用特約が使えるケースでは、お支払いいただく必要はありません。
着手金 着手金は司法書士に紛争解決を依頼した時点でお支払いいただきます。事件の結果に関係なく、つまり不成功に終わっても返還いたしません。着手金はつぎにご説明する成功報酬金の内金ではありません。また、いわゆる手付でもありませんのでご注意ください。
成功報酬 結果の成功の程度に応じてお支払いいただきます。従って、完全に敗訴となれば、成功報酬金は発生しません。
手数料 手数料は、当事者間に実質的に争いのないケースでの事務的な手続を依頼する場合にお支払いいただきます。手数料を支払う場合としては書類(契約書、遺言など)作成、遺言執行、登記などがあります。
顧問料 企業や個人と顧問契約を締結し、その契約に基づき継続的に行う一定の法律事務に対して支払われるものです。
特急料金 標準処理期間を大幅に短縮する納期でのご依頼の場合、割増料金(特急料金)5割増しを頂戴することがございます。
実費 表では、法務局(登記所)・裁判所などに納付する代表的な収入印紙代、切手代、現金をお示ししています。実際には、別途、郵送費や交通費が必要です。