あなまちの仕事


最近、新人司法書士さんとお話しをして、「あなまち司法書士事務所は訴訟事務所だ」と思われていることが判明しました(驚)。

 

そこで、ちょっと分析してみました。

あなまちの売上構成


上図は、令和元年8月末時点における売上に占める各業務の比率です。

 

取引・相続・借換・その他不動産の不動産登記で全売上の55%を占めています。

 

紛争予防解決は、18%。ここには顧問料収入も含まれています。

商業登記16%、成年後見10%弱と続きます。

 

ねっ?訴訟ばかりやっている事務所ではない・・・でしょ♪ 

あなまちの事件数


イメージですが、月ごとの新受事件数は、次のような感じです。

事件の種類 月毎の新受事件数
不動産取引 30~50件
相続手続(登記・遺産承継) 5~10件
商業登記(設立・役員変更) 10~30件
商業登記(M&A、合併などの少し難しい登記) 1~2件
法律相談 30~60件
示談・訴訟 3~10件

あなまちでの時間(実務経験なしの司法書士)


実務経験なく入所した司法書士が、入所後4か月目での時間の使い方です。

取引書類作成、立会い同行で30%

相続書類取得、作成で20%

商業登記書類作成で20%

法律相談の下調べで30%

とのことです(山岡晃広さん本人による申告)。

あなまちでの時間(入所後2年の司法書士)


実務経験なく入所した司法書士が、入所後2年目での時間の使い方です。

不動産書類のチェック、取引立会いに30%

商業登記のチェックに10%

示談訴訟に40%

顧問先など依頼に応じた仕組みづくりや構築に20%

時間を使っているとのこと(荻野永倫司法書士、本人による申告)。

結論


簡単な仕事からはじめ、徐々にレベルアップ・ステップアップしていくのがお分かりいただけると思います。

 

良い点は、難しい仕事がしたくなったとき、

難しい仕事は何時でも、「あなまち司法書士事務所」にはあるということです。

 

是非、あなたも、事務所見学会にお越しください。